中島建設株式会社
お問い合わせ
スタッフ座談会
写真

中島建設ってどんな会社?

学生に一番近い若手社員を集めて、ホンネで語る座談会を実施。
職場の雰囲気、上司との関係、プライベート、業務の改善案や未来のまちづくりまで、
思う存分語っていただきました。
ホンネで語る座談会の写真
- 安心して仕事が学べる。
司 会
それでは早速ですが、入社して感じた会社の雰囲気について、
率直な意見を聞かせてください。
小野原
中島建設は一言でいうと「誠実でアットホーム」な会社だと思います。
はじめの頃は分からないことが多くて戸惑いましたが、先輩たちは聞けばいろいろと教えてくれる社風があります。 話してる内に仲良くなって、プライベートでも先輩と遊びに行ったり、飲みに行ったりしている人が多いですよね。
プライベートと仕事のメリハリが、中島建設のよさだと思います。
司 会
上司についてはどう思いますか。
加 藤
部長や課長は新人に対し、常に気を配ってくれていると思います。
ふとしたときに話しかけてくれたり、悩みを聞いてくれたりするので、
ちゃんと見守られているという安心感があります。
司 会
総務経理部門はどうですか。
皆さん“まじめ”だと感じました。
集中して仕事に取り組めるので、仕事がはかどる環境です。
司 会
実際に現場に入ってみて、感じたことは何かありますか。
中 島
一緒に仕事をする先輩によって仕事の進め方も少しずつ違うので、 いろんな方法を学べていいと思います。
ホンネで語る座談会の写真
司 会
営業部はどうですか。
小野原
営業も同じで、上司に同行するときは、上司の仕事を間近で見て色々なことを学べるので、
新人にとってはありがたい環境です。
司 会
社員さんだけで会社の事を考えるディスカッションの機会があったようですが、
どのような内容でしたか。
加 藤
会社の事業・技術・営業・組織や管理・人材など、たくさんのテーマで自分たちが思う会社の強みと弱みについて話し合いました。
最初はなかなか意見が出ませんでしたが、書き出していくうちに多くの意見が出るようになりました。あらためて自分が働く会社を見つめ直す機会になってとってもよかったと思っています。
司 会
一番多かった意見は何でしたか。
野 中
地域ナンバーワンの企業だとみんなが思っていました。
地域密着で創業から60年以上の実績があります。それに、ただのモノづくりの会社ではなく、お客様の立場に立って物事を考えたり、施工済のお客様へのフォローもしっかりやっていることで、地域の皆様から信頼して頂いているのだと思います。
中 島
先輩達からの高い技術力を、若手社員にきちんと継承できているという話もでました。
司 会
社内のコミュニケーションが取れている事や、若手社員を育てる仕組みもきちんと出来ているということでしょうね。
そうですね。社内のコミュニケーションは円滑で、風通しの良い社風だと思います。 先程も話に出ましたが、先輩たちの気遣いや気配りのおかげだと思います。 私も後輩社員にはそう思ってもらえるように頑張りたいと思っています。
ホンネで語る座談会の写真
司 会
ディスカッションでは新しい取り組みについても話し合われましたか。
小野原
PFI 事業を代表されるように、新しい事業にも積極的に取り組んでいますので、その部分もお客様に知って頂きたいです。会社の情報をお客様に発信する事も大事な仕事だと思っています。
司 会
皆様から見て、建設業界がこれからどうなっていくと考えていますか。
加 藤
これからは建物を建てる場所も人口も減ってきて、補修工事が多くなってくると思います。
中 島
そうですね。新しい橋を架けることは少なくなると思いますけど、古い橋の修繕工事などは増えてくると思います。
司 会
では最後に、これから中島建設はどのような会社になると思いますか。
小野原
これからも地域ナンバーワンの会社であり続け、地域の皆様から愛される会社でいたいです。 そのためにも、自分自身もお客様第一主義を貫いて、信頼されるような行動を取りたいと思っています。
加 藤
内部的な話になりますが、たくさんある建設会社の中から中島建設を選んで頂くためにも、社員全員がコスト意識と安全意識を今以上に持ちながら、建物や構造物を提供していきたいです。
野 中
会社の目標や夢をみんなで共有して、連携を図りながら仕事をしていきたいと思います。最終的にはそれが自分の幸せにも繋がると思っています。
ホンネで語る座談会の写真
社員間のコミュニケーションは、企業にとって最も重要な要素の一つ。 自分が働いている会社と、そこで働く仲間達の事を知れば知るほど、魅力が増します。
これから新しく仲間に加わる人達とも密なコミュニケーションを取り、良い雰囲気の会社であり続けたいです。

中島建設では、私たちと一緒に働く仲間を募集中です。
私たちと一緒に夢を実現しませんか?
ページ上部へ